基礎から解る!PHP入門講座 プログラム入門に最適な言語、PHPを学ぼう

基礎から解る!PHP入門講座

プログラム入門に最適な言語、PHPを学ぼう      

 このサイトはPHPを独習する際に作成したスクリプトを基に、プログラム言語初心者のための入門講座として作成しました。PHPは初心者に親しみやすく、解りやすいプログラム言語です。これからプログラムを学ぶ人の参考になればと思います。


10-1 クッキーで、すぐ消える一行メモ

 クッキーはクライアント側にデータを記憶させる仕組みですね。先ず簡単なスクリプトを作ってみましょう。
 一行ずつ文章を記入するとそれを順に表示してくれるプログラムです。
 注意点は、クッキーはHTMLよりも前に記述すること、のタグの前に記述しなければいけません。
 また、覚えておく時間は秒単位で設定するため、60×60×24と掛け算の式で記述しましょう。
foreach ($_COOKIE['order'] as $key => $value) {
  $text = split(",",$value);  //カンマで文字を分割、配列に格納
  $total = $text[1]*$text[2];  //小計を出す計算
  echo "$key:$text[0]:$text[1]円:$text[2]個:$total 円";
  $goukei += $total;  //合計を出すための計算
}
 当然 PHP の部分が2箇所に記述されることになります。PHP は HTML と混在しファイルの中に何箇所でも作ることができるので、この様に2箇所に別れるのは良くあることです。 ⇒こんな感じ
スクリプトは ⇒こちらへどうぞ

10-2 クッキー配列で、お買物ごっこ1

 CGIで多数あるのでショッピングカートはやらない予定でしたが、やっぱりクッキーと言えばこれですね。ここではかなり単純な仕組みです。クッキーは変数と同様に配列にすることができます。購入する商品名・価格・種類・色・個数等をまとめて一つのクッキーに格納した方が合理的です。作り方はさまざま考えられますが、ここではこんな作り方をしてみました。

注意点、一ファイル完結が目標ですが、ここでは3ファイル構成になりました。
  1、商品購入画面
  2、レジ画面
  3、購入商品削除確認画面
 複数ファイルにした理由は、このスクリプトで、クッキーへの書き込みと読込を同時に行うと、キャッシュを先に読んでしまうために、更新されたクッキーを表示できなくなるからです。

 次はクッキーに記憶させる記述ですが、次のようになっています。
 つまり連想配列の形式です。商品を選ぶと、その商品名が連想配列のキーとなって配列を作ります。この形式だと同じ商品が2回以上登録されることがなく、個数などを変えて選択すると上書きされます。

 レジのファイル、つまり格納したクッキーを表示するにはforeach を使用しています。
setcookie ("order[$name]", "$order", time()+600);  //$nameが商品名、$orderが価格や個数
このスクリプトでは同じ商品をサイズ違いで2種類以上入れることはできません。ショッピングカートとしてはまだまだ不完全ですが、とりあえず ⇒こんな感じ
スクリプトは ⇒こちらへどうぞ
$data=$_COOKIE["data"];   //まずクッキーを読み出して変数に格納
setcookie("data", $data, time()+60*10);  //クッキー名、保存内容、時間を指定
2019/9
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      


 フォクすけ©2006 Mozilla Japan



制作:基礎から解るPHP入門講座 代表:FREEZE

Copyright © 2005/2/28 flzPHP.All Rights Riserved