基礎から解る!PHP入門講座 プログラム入門に最適な言語、PHPを学ぼう

基礎から解る!PHP入門講座

プログラム入門に最適な言語、PHPを学ぼう      

 このサイトはPHPを独習する際に作成したスクリプトを基に、プログラム言語初心者のための入門講座として作成しました。PHPは初心者に親しみやすく、解りやすいプログラム言語です。これからプログラムを学ぶ人の参考になればと思います。


formを使ってデータの送信

 PHPでインタラクティブなサイト作りの基本になるのが、この form での入力の画面作りです。

 そして、form action で PHP プログラムの書かれたファイルへ飛ぶことで、そのデータを反映させることができるのです。

 form のパターンにはさまざまな形がありますから、HTML が自由に使えることは非常に重要になるので、その辺が不安な方はやはりこのサイトがオススメです。

1-1 画面に字を書くぞ!

 form で送られたデータには、data と言う名前がつけられているので、$data = $_POST['data'];でこれを受取 $data と言う関数に入れています。
 変数に入れば、あとは echo で表示するだけ。form の基本がこれです。

 htmlspecialchars($data, ENT_QUOTES) という一文が出てきますが、これは form でデータを送信する場合、HTMLを記述されると問題が起こる場合があるので、これを無視するためのものなのです。 ⇒こんな感じ
スクリプトは ⇒こちらへどうぞ

1-2 数字はちょっと加工しよう

 同じくformで数字入力の画面を作り、それを3ケタ区切りでカンマをつけて見ました。
ここでは、number_format() が出てきます。これは数字を3桁区切りで表示する関数です。この関数を使用した後では計算ができなくなるので、表示の直前に使うようにしましょう。 ⇒こんな感じ
スクリプトは ⇒こちらへどうぞ

1-3 コンピュータなんだから、計算させよう!

 計算は得意です。演算子を使って計算させましょう。まずは足し算かな。
「こんな感じ」を見ると、2つの数字を入れて足し算ができます。"+ =0"ってのが気になりますが、今は気にしないでください。○+△=□と言う表示をするために、echo "$data1 + $data2 = $ans" と記述しています。ここで知って欲しいことは、”〜”の中では文字(日本語とHTML)・記号・PHP の変数がそのまま同時に記述されていることです。PHP では”〜”内では文字と変数が自由に使えるのです。これはすごい!でも、関数や演算子はダメですよ。 ⇒こんな感じ
スクリプトは ⇒こちらへどうぞ

1-4 もっと色々 form で送ろう!

 form ではもっと色々な形式でデータを送信できます。あるもの全部使って見ましょう。form で送ることのできる形式は「テキスト」「セレクト」「ラジオボタン」「チェックボックス」「テキストエリア」ですね。全部の形式を試してみましょう。 ⇒こんな感じ
スクリプトは ⇒こちらへどうぞ

1-5 urlを使ってデータの送信

 データを送る次の方法は、url にデータをくっ付けてリンクさせると言うものです。form のように任意の文字やデータを送信することはできませんが、送信するデータが常に決まっている場合は、非常に有効ですね。
 url の後ろに ? を付け、"name=データ"という形式でデータの受け渡しを行います。これでリンクを付けたファイルに移動し、その時にデータを渡すことができるのです。
 受取は $name = $_GET[name]; と言うように、$_GET を使います。示します。
<a href="file01.php?name=sun">sun</a>
 しかし、ここで送信できるのは英数文字と一部を除いた記号のみ、日本語をそのまま送ることはできません。そこで必要になるのが、英数文字以外の言葉を%と16進数の文字に変換するエンコードとそれをもとに戻すデコードです。
 このエンコード・デコードには2種類あり、空白などの扱いが多少違うようですが、大きな差はないように思われます。ところで、ネット上でこれを検索すると、ほとんどがPHPマニュアルの内容そのままですね。
urlencode (データ) URL文字列のエンコード
urldecode (データ) エンコードされたURL文字列のデコード

rawurlencode (データ) RFC1738に基づきURLエンコード
rawurldecode (データ) URL エンコードされた文字列をデコード表
 リンクを張るタグにそのまま埋め込んでいます。
echo "<a href='01_05_send.php?name=".urlencode ("のぞみ")."'>のぞみ</a>";
受け取ったデータは urldecode($name) と記述しデコード、これを表示します。 ⇒こんな感じ
スクリプトは ⇒こちらへどうぞ
2019/3
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       


 フォクすけ©2006 Mozilla Japan



制作:基礎から解るPHP入門講座 代表:FREEZE

Copyright © 2005/2/28 flzPHP.All Rights Riserved