基礎から解る!PHP入門講座 プログラム入門に最適な言語、PHPを学ぼう

基礎から解る!PHP入門講座

プログラム入門に最適な言語、PHPを学ぼう      

 このサイトはPHPを独習する際に作成したスクリプトを基に、プログラム言語初心者のための入門講座として作成しました。PHPは初心者に親しみやすく、解りやすいプログラム言語です。これからプログラムを学ぶ人の参考になればと思います。


    変数ってなに?

    さて、準備は整いました。本格的にPHPに取り組みましょう。
     プログラム言語を学ぶ上で先ず最初に出会うのが変数です。これが何かと言うことをまず知ってください。

     変数とは変化する数字と書きますが、プログラム上ではもっと単純に「入れ物」或いは「記憶番号・記号」みたいなものと考えると良いでしょう。こんなふうに書きます。
    $var = "おいらはプログラマー♪";
    $varが変数、PHPでは変数には必ず$マークがつきます。
     この$varに「おいらはプログラマー♪」と言う文字を代入しますよ。と言う意味ですね。さて var と言う単語を使いましたが、これは実は何でもよいのです。

     $suuji、$a、$seireki、$jfdyv、どれもOKです。状況に応じて自由に自分で言葉を作ることができます。使えるものは英数字とアンダーバーです。だから、$data1、$month_3もOK、でも数字から始めてはいけません。

     変数の名前は自由に決められるのですから、読んで意味が解り易いものが良いですね。$jfdyvでは、何の変数かわかりません。$aだと別の変数と重なってしまう可能性もありますね。$num_3なら、もちろんOKですが、$suuji_3が解りやすければこれでもいいのです。また、アルファベットは大文字・小文字どちらも使用できますが $num と $NUM は別の変数として扱われます。
    <?php
     $var = "おいらもプログラマー♪";
     echo $var;
    ?>
    とやると、こう表示してくれるわけです。
     おいらもプログラマー♪
     もちろん数字を入れることもできます。数字の時は"〜"とダブルクオーテーションが必要ないですね。また変数はPHPのどこでもいくつでも作ることができます。
     今度は数字を入れてみましょう。こんな感じで…
    <?php
     $var = 7;
     $var = $var + 5;
     echo $var;
    ?>
     ちょっと不思議ですね。最初の$varで7を代入、次の式は新しい$varに前の$var(7)と5を足しているのです。つまり実行すると
    12
     変数は名前の通り、変化していく数字なんですね。
    2019/1
    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31   


     フォクすけ©2006 Mozilla Japan



    制作:基礎から解るPHP入門講座 代表:FREEZE

    Copyright © 2005/2/28 flzPHP.All Rights Riserved