基礎から解る!PHP講座

掲載内容
  1. 基本設定
  2. 変数入門
  3. 配列入門
  4. 演算子入門
  5. 関数入門
  6. 条件分岐
  7. 繰返し
  8. タイムスタンプ
  9. アップロード
  10. 正規表現
  11. クッキー
  12. ファイル
  13. アクセス認証

PHP入門講座について

 このページはPHPを使ってフレームと同等の利点を持つ形式で作成しています。つまりトップやヘッダー、メニューなどを一本化し、さらに本文の部分はurlに埋めこんだ形式で読みこむ方法を取っています。


PHPってなに?

 PHP は初心者に解りやすいプログラム言語、しかも、Web Site を作ることに特化した言語です。では、HTMLと何が違うのでしょうか? HTML では静的、つまり文字画像を表示するページしか作れませんが、PHP は動的なページを作れるのです。

 例えば、掲示板は HTML で作ることはできません。Site を見る人が画面上で書込みが行える仕組みが必要なのです。見る側が何らかのアクションを起こせる、これを動的と呼んでいます。

 PHP はサーバーサイドプログラム、これは Web Site を提供する側で動くという意味で、ブラウザ上で動く Java Script 等とは逆の性格を持っています。
 サーバーにあるプログラムが実行されるとPHP は HTML を作り出します。その際ブラウザでソースを見ると、そこには HTML があるだけです。しかし、ボタンをクリックすると、サーバーのプログラムが再度動き始め、新たな HTML を作り出す仕組みなのです。

PHPで何ができるか

 具体的に何ができるのか…、それは実際にプログラムを作っていくことで実感できます。掲示板やカートシステムはその代表ですが、いきなりはハードルが高いですよね。先ずは遊びレベルで学習しましょう。プログラムでコンピュータを動かす楽しみを感じてください。

 基礎的なプログラムをいろいろ用意しています。「PHP でこんなこと…」を見てください。自分で作ってみたいものが見つかったら、ソースを打ち込んでみましょう。「もっと改造したい」と思えてくればしめたものです。

PHPの良いところ

 PHP は HTML と非常に仲が良いと言えるでしょう。スクリプトは HTML のソースの中に直接書きこみができます。環境はWindows98/XPで簡単に、しかも無料で入手できます。

 言語としては、型の定義があいまいでよいとか、関数が豊富である点など、使いやすさが上げられます。CGIに比べ高速で、サーバーに負担が軽いのも良い点です。

 しかし、一番の良い点は、現在の注目度と高い将来性でしょう。そして、JAVA も C+ も VBA も Perl も知らなくたって何とかなるのが PHP、関連書籍や Web Site も最近はかなり増えていますし、PHPの使えるサーバーも増えています。

PHPを始める前に

 プログラム言語は基本的にキーボードを使って、文字を入力して作っていきます。文字を書くのはメモ張でもできるのですが、文字コードEUC、改行LFという形式で書くのが基本であるため、残念ながら PHP には向いていません。それに行番号も必要ですからね。ぜひ専用のエディターを用意しましょう。

※当サイトにて使用されている文章はすべて 許可なく使用することを禁止いたします。2005/2/28